パノラマ東京 : 東大井   (1997年10月撮影)

黒船再来航に備え江戸湾に台場が築かれた江戸時代の末期、この辺り一帯は東海道に沿う海岸線だった。 現在では東京湾へ続く運河と埋め立て地に変わり、物流産業地になっている。 この勝島運河はそれ自体も大半が埋め立てられて、細長い形のしながわ区民公園になった。 「袋小路」となった運河は屋形船や釣り船の格好の船溜まりになる。

土手の狭い散歩道を歩くと、運河の緑白い水面に季節外れの船体が鮮やかに映る。 水辺に寄ってみると群れて泳ぐ小魚が透けて見え、手を伸ばせばつかめそうだ。

京浜急行線・立会川駅、東京モノレール・大井競馬場前駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : January 1, 2003
released : November 1, 1997

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:天王洲 パノラマ東京:元赤坂 パノラマ東京 1997 ホームページ