パノラマ東京 : 白金台   (1998年1月撮影)

国立自然教育園に隣接する東京都庭園美術館は、1947年まで朝香宮邸として使用されていた建物をそのまま美術館にしたもの。 アール・デコ様式を基調とする室内装飾はシンプルな建物の外観とは対称的にとても華やかで、どの部屋にも高貴な雰囲気が漂っている。 束の間の皇族気分が味わえる貴重な美術館だ。 ときおり室内楽コンサートが開かれる。

1998年1月15日の東京は久しぶりの大雪。和式庭園で水墨画の世界を堪能できると期待していたが、残念ながら庭園は事故防止のため非公開となった。 それでも、目黒通りに面した正門から美術館へのアプローチは新雪に覆われ、幻想的な景色が楽しめた。

JR山手線/東急目黒線・目黒駅、東京メトロ南北線/都営地下鉄三田線・白金台駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 400


updated : June 1, 2004
released : February 1, 1998

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:新大塚 パノラマ東京:池袋 パノラマ東京 1998 ホームページ