パノラマ東京 : 春日   (1998年11月撮影)

文京区役所が入る文京シビックセンターの25階・展望ラウンジは地上105m。 ウォーターフロントに建つ超高層ビルと比べるとパノラマ眺望はフラットで、スカイラインは少し変化に乏しいが、その分、ダイナミックな自然現象ウォッチングをゆっくり楽しめる。 季節風が弱く上空に逆転層のある日は、都会では排気ガスや塵でよどんだ大気が地表近くに滞留する。 高層ビルの展望台から地平線を見ると逆転層の存在がよくわかる。

汚れた空気層を通して、夕日は5.5km離れた新宿超高層ビル群の向こう側に沈み始めた。 地上の風景から少しずつ色彩が失われていき、ネオンが輝くまでしばらくの間はモノクローム世界になる。 太陽の右側に富士山の左稜線が微かに見えている。

東京メトロ丸ノ内線/南北線・後楽園駅、都営地下鉄三田線/大江戸線・春日駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : January 4, 2005
released : January 1, 1999

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:本郷 パノラマ東京:新木場 パノラマ東京 1999 ホームページ