パノラマ東京 : 新木場   (1999年1月撮影)

新木場は皇居とほぼ同じ面積の埋め立て地で、周囲5kmの広大なウォーターフロントだ。 江戸時代から栄えていた深川の木場から、1970年代に材木商や製材所が移転、新木場は新しい「材木の街」になった。 しかし1990年代に入ると木材の需要が減り始め、閉鎖する大手製材所も出てきた。 現在の貯木場も、丸太で埋めつくされていた移転当時の風景はもちろんなく、見晴らしの良い東千石橋の上に立つと吹きつける北風がやけに冷たい。

水上バイクの練習だろうか、風の音しか聞こえなかった正月の貯木場にエンジン音が響きわたった。 波立つ水面に傾きかけた日差しが反射して眩しい。

JR京葉線/東京メトロ有楽町線/りんかい線・新木場駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/250 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : June 1, 2004
released : February 1, 1999

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:春日 パノラマ東京:芝浦 パノラマ東京 1999 ホームページ