AERA惹句大全集
1994年版



「イヌ年に忠犬8党 いがみ合う。」
1994年(平成6年)1月10日(月)朝刊 AERA 1.17 No.2広告
 AERA見出しに「小沢一郎氏はなぜ雲隠れしたか」と記述あり。政治改革関連法案な どで激化する連立与党間の争いにひっかけたもの
「男性記者は中年バラに泣いています。」
1994年(平成6年)1月17日(月)朝刊 AERA 1.24 No.3広告
 これは一瞬悩んだ。「中年バラ」に引っかかるものはなんだろうか?「薔薇族」と かそんな言葉が流行っていただろうか。アエラの見出しをみても「薔薇」関連の記事 はない。でもよく見ると「女性記者が泣くセクハラ体験」というのがある。 どうも「セクハラ」と「中年バラ」のシャレらしい。ちょっと無理矢理すぎないか?
「ゴジラとネオン、どっちが強い。」
1994年(平成6年)1月24日(月)朝刊 AERA 1.31 No.4広告
 アエラの見出しに「おごる日本車は久しからず。クライスラー社長が語るドン底 脱出法 ネオン2年後に日本上陸」と「ゴジラは米国へ「商戦」で大暴れ」 とあります。ちなみに、クライスラーの安グルマ「ネオン」は昨年上陸した筈ですが、 「本当に上陸したのか?」と言われるほど売れてません。ゴジラの勝ち。
「1月29日、なんの記念日にしようかな。」
1994年(平成6年)1月31日(月)朝刊 AERA 2.7 No.5広告
 アエラ見出しに「細川対「守旧」死闘やまず」とあり。で、1月30日朝日新聞朝刊 を見ると、29日に政治改革4法が成立したとのこと。また、この号のアエラの表紙写 真には「サラダ記念日」で世間のご機嫌を伺った俵万智が使われていることもつけ加 えておこう。
「これだから、やはり野におけ社会党。」
1994年(平成6年)2月7日(月)朝刊 AERA 2.14 No.6広告
 アエラ見出しに「細川サン「慢心」の暴走」とある。細川さんの深夜の「福祉税」 発表の後らしい。朝日朝刊2/3によると、3日未明に社会党の反対を押し切って「国民 福祉税」の導入を発表したらしい。
「小遣いも20%アップ、ネッいいだろ。」
1994年(平成6年)2月14日(月)朝刊 AERA 2.21 No.7広告
アエラ見出しに「20%減税でこれだけ戻ってくる」とある。所得減税が話題になって いたらしい。
「「成熟した大人の関係」って難しいよ」
1994年(平成6年)2月21日(月)朝刊 AERA 2.28 No.8広告
 アエラ見出しに「日米は頭を冷やせ」とあり。2/11日に日米首脳会談があって、そ こで日米関係が「成熟した大人の関係」にはいった、と話題になったらしい。
「ぼんぼりがないぞ、改造ひな壇」
1994年(平成6年)2月28日(月)朝刊 AERA 3.7 No.9広告
 アエラ見出しには特に記述なし。朝日新聞2/28に「細川首相週内改造へ最終調整」 とある。内閣改造の話が話題になっていたらしい。
「聖子もビックリ、官邸の仮面夫婦」
1994年(平成6年)3月7日(月)朝刊 AERA 3.14 No.11広告
 アエラ見出しに「細川ヤジロベー内閣は元に戻らない」とあるので、政権の家庭内 別居について語っているのであろう。
「右に見えますのが、国会正面玄関です。」
1994年(平成6年)3月14日(月)朝刊 AERA 3.21 No.12広告
 これは解らん。アエラ見出しに「沈黙する宮沢前首相にあえて聞く:小沢一郎君の 道は日本核武装」とあるので、小沢のような右翼野郎が国会を牛耳っているぞ、とい う意味か?などととこじつけつつ、朝日新聞をめくっていたら、1994/3/9朝刊27面に 、「逮捕は国会正面玄関で」と中村前建設相が声明文を発表した、とある。アエラの 見出しを見たら、「いけにえ中村vs吉永検察」とある。3/12に収賄罪で中村前建設相 は逮捕された。
「おーい中村君、どうしてるんだい。」
1994年(平成6年)3月21日(月)朝刊 AERA 3.28 No.13広告
 前号に続き中村ネタ。今回は、歌のタイトルに引っかけている。アエラ見出しに「 中村前建設相の「完黙」に驚く」とある。
「一億で殿様も越せない年度末。」
1994年(平成6年)3月28日(月)朝刊 AERA 4.4 No.14広告
 佐川急便から一億円を借金していた問題で、細川さんが立ち往生したころの話。特 にアエラ見出しには記述はないが、3/13朝日朝刊2面には「揺れる答弁、疑念晴れず :首相の「佐川1億円借り入れ問題」」とある。
「新入社員に明日の城クンはいますか。」
1994年(平成6年)4月4日(月)朝刊 AERA 4.11 No.15広告
 Jリーグジェフ市原の城くんが大活躍中。アエラ見出しに特に記述はないが、4/3 朝日朝刊に 「城がいない・・市原連敗」と高校選抜でスイスにいっている間にジェフが連敗した 、と大騒ぎ。
「すったもんだの細川様でした。」
1994年(平成6年)4月10日(日)朝刊 AERA 4.18 No.16広告
 アエラ見出しに「細川退陣で大波乱」とある。4/8朝日夕刊一面にでっかく 「細川首相が辞意表明」とあり。これに、宮沢りえのコマーシャルをかけたのだろう。
「羽田バスが見切り発車しまーす。」
1994年(平成6年)4月18日(月)朝刊 AERA 4.25 No.17広告
 4/25の羽田首相誕生前夜であり、「羽田バス」ときたのだろう。はじめは羽田空港 バスと羽田新首相のシャレかとも思ったが、朝日新聞4/26朝刊第4面によると、 「第八十代、五十一人目の首相の座に羽田新生党党首がついた。バス会社のサラリー マンから、父の後を継いで政界に転身して二十余年。」 とある。ここから、見切り発車としゃれたのだろう。アエラ見出しに 「切り札・羽田温存戦術の目算」などとあり。
「車掌は羽田、運転手は小沢です。」
1994年(平成6年)4月25日(月)朝刊 AERA 5.2・9 No.18広告
 前回と同じ、羽田さんがバス会社あがり、という点に注目したもの。アエラ見出しに 「羽田首相「小沢離れ」はできるか」とあり。
「だから、大禍の改新なんだってば。」
1994年(平成6年)5月9日(月)朝刊 AERA 5.16 No.19広告
 これはまるっきり解らない。この頃永野法相の南京大虐殺は無かった発言があ ったが、特に大化の改新について言及はしていないようだし、よくわからない。 単に羽田さんに首相が替わったことをいいたいのか?読者の皆さんのご教示を乞 う。
「役人も知らない小沢さんの寝床。」
1994年(平成6年)5月16日(月)朝刊 AERA 5.23 No.21広告
 アエラの見出に「官僚vs万年野党」とあり。さすがの万能の官僚も小沢さんの 居所までは解るまい、というといころか。
「小沢さんは勘がいいのか、悪いのか。」
1994年(平成6年)5月23日(月)朝刊 AERA 5.30 No.22広告
 アエラ見出に「「勘」を磨けば輝く人生」とある。そこに小沢さんをかけたの だろう。しかし、この頃は小沢さんで持ちきりです。
「着替えても、着替えなくても6月1日。」
1994年(平成6年)5月30日(月)朝刊 AERA 6.6 No.23広告
 これもよく解らないが、単に衣替えについて述べただけか?アエラ見出しにと くに記述なし。
「人類はみな兄弟だよ、スチャダラパー。」
1994年(平成6年)6月6日(月)朝刊 AERA 6.13 No.24広告
 アエラ見出しに、「笹川帝国のゴタゴタを笑うのは誰だ」とある。日本船舶振興会 の内紛の時期だろう。それにしても、何故ここにスチャダラパーの名が出るのか。「 人類はみな兄弟」とかいう曲でもあるのか?あるいはアエラ見出しに、「アニメソン グ謎のヒット歌手たち」にスチャダラ パーの記述はない。読者、特にスチャダラパーに詳しい人からの御教示を待つ。
「職なき子、同情するなら内定おくれ。」
1994年(平成6年)6月12日(日)朝刊 AERA 6.20 No.25広告
 アエラ見出しに、「'95就職「商社内々定」の現場を見た」とある。就職難と「家 なき子」人気をかけたもの。
「ほッほッ保・保連合の水は甘い〜ぞ。」
1994年(平成6年)6月20日(月)朝刊 AERA 6.27 No.26広告
 アエラ見出しに「保・保連合は内閣不信任案つぶし」とある。6/25に羽田内閣は総 辞職するのだが、その前のすったもんだで、自民と小沢さんが一緒になるのでは、と いう憶測が出ていた。それにしても、蛍の歌のシャレなら「あ〜まいぞ」じゃないか ?「あまい〜ぞ」って、おかし〜いぞ。
「お中元、社会党には閣僚ポスト。」
1994年(平成6年)6月27日(月)朝刊 AERA 7.4 No.27広告
 アエラ見出しに「社会党は瀕死の風見鶏」とある。時は村山政権成立前夜。自民も 小沢さんも、社会党を取り込もうと必死。
「村山サンの眉にツバつけてみたい。」
1994年(平成6年)7月4日(月)朝刊 AERA 7.11 No.28広告
 アエラ見出しに「村山ヤドカリ政権で社会党がつぶれる」とあり。6/30に村山内閣 発足の時期。しかし、アエラの予言通り社会党はつぶれてしまった。
「小沢サンもイチローにしてみたら。」
1994年(平成6年)7月10日(日)朝刊 AERA 7.18 No.29広告
 また出た小沢ネタ。今回はイチローとの組み合わせ。この年、イチローは200本安 打を達成する。アエラ見出しに「トンちゃん大研究」とあって、村山さんがソフトイ メージでそこそこ人気があった時らしい。それで、小沢さんもニックネームをつけた ら、という発想になったのだろう。その人気者村山さんも、一年後には、かの酒鬼薔 薇に「たとえ死刑になることが分かっていても、何をしたか、分からないと思います 」と指弾されることになる。
「今年の長嶋巨人は世襲をやめました。」
1994年(平成6年)7月18日(月)朝刊 AERA 7.25 No.30広告
 アエラ見出しに、「世襲の首領:金正日体制はもつか」とある。7/8に金日成主席 が死んだ。北朝鮮の世襲制が話題になっていた時だった。これと、長嶋ジュニアとを かけたものでしょう。
「就職は 平成ぽんぽこ 化かし合い。」
1994年(平成6年)7月25日(月)朝刊 AERA 8.1 No.31広告
アエラ見出しに「'95就職:快進撃!東京外語大朝鮮語学科」などとあり、あいかわ らず就職難の世の中であることがわかる。 それと、アニメのタイトルをかけたものでしょう。
「砂の上の村山総理、水不足です。」
1994年(平成6年)8月1日(月)朝刊 AERA 8.8 No.32広告
 この夏は、記録的な猛暑で水不足となった。それに村山総理の砂上の楼閣をかけた もの。
「存在の耐えられない、この暑さ。」
1994年(平成6年)8月8日(月)朝刊 AERA 8.18・22 No.33広告
 引き続き猛暑ネタ。「存在の耐えられない軽さ」とかけている。
「まだまだ暑いが、エンヤコラ。」
1994年(平成6年)8月22日(月)朝刊 AERA 8.29 No.34広告
 まだ引き続き猛暑ネタ。よっぽどアエラ編集部は暑かったと見える。クーラーが壊 れてたのか。
「アテンション・プリーズ、鶴亀対決。」
1994年(平成6年)8月29日(月)朝刊 AERA 9.5 No.35広告
 亀井運輸大臣が、日航などの航空三社のアルバイトスチュワーデスの導入に待った をかけたという騒動がこの頃あった。1994年8月12日の朝日新聞朝刊26面によると、 亀井運輸相は「アルバイトと正社員では身分に差があり、同じ航空機に乗り込むと、 チームとして一体感がなく、緊急時の対応が心配だ」と話しているという。この騒動 を、JALのトレードマークの鶴と亀井運輸相の亀をとって鶴亀対決と名付けたもの。 アエラ見出しには、「日航は亀井発言になぜ怯える」とある。
「新番組、富市と洋平の「平成翼賛会」。」
1994年(平成6年)9月5日(月)朝刊 AERA 9.12 No.36広告
 特にアエラ見出しに記述はないが、村山連立内閣発足と「平成教育委員会」をかけ たもの。9/3朝日朝刊のテレビ欄を見ると「たけし・逸見の平成教育委員会」となっ ているから、逸見さんがガンで亡くなる前である。
「巨人に学ぶ、老後への蓄え方。」
1994年(平成6年)9月12日(月)朝刊 AERA 9.19 No.38広告
 アエラ見出しに「長嶋監督 周辺が証言する胸の内」とある。この年、巨人はペナ ントレースの前半は独走したが後半もたつき、高木監督率いる中日に追いつかれたが 、公式戦最終日に中日を下し、劇的な優勝をとげた。前半の貯金でなんとかする、と いうのを、老後の生活への貯蓄にかけたもの。
「アジアの広島、人類のヒロシマ。」
1994年(平成6年)9月19日(月)朝刊 AERA 9.26 No.39広告
 アエラ見出しに、「広島がアジア大会で変わる」とあり。この年の10月に、広島で スポーツのアジア大会が開かれた。それで、「アジアの広島」。もう一つは、やはり 、被爆都市の意味あいで「人類のヒロシマ」ときたのだろう。雰囲気は分かるような 気もするが、よく考えるとなんだかよくわからない惹句である。
「イチローの打率より、消費税の税率。」
1994年(平成6年)9月26日(月)朝刊 AERA 10.3 No.40広告
 この頃、政府与党の税制改革大綱が議論されている。消費税を5%に引き上げかど うかでもめていた。そして、同じ頃、イチローが200本安打を達成(9月20日)。史上 初の4割打者誕生なるか、と話題を独占していた。この二つのトピックから生まれた のが、上記の惹句。
「たけしより先に、竹ちゃん復活。」
1994年(平成6年)10月3日(月)朝刊 AERA 10.10 No.41広告
 リクルート事件以来離党していた竹下さんだが、この年9月末に復党した。それに 、8月2日のビートたけしさんの交通事故をかけている。
「秋深し、となりの首領は何してる。」
1994年(平成6年)10月8日(土)朝刊 AERA 10.17 No.42広告
 アエラが、この号で北朝鮮を特集している。金日成の葬儀などで関心を集めていた 北朝鮮だが、アエラはソウルで北からの亡命者インタービューを実施したらしい。そ れにかけて上記の惹句となった次第。しかし、この号のアエラの広告は意表をついて 土曜日の朝刊に出ていたので見つけるのに手間がかかった。
「巨人、大豊、イチローでした。」
1994年(平成6年)10月17日(月)朝刊 AERA 10.24 No.43広告
 ペナントレース最終戦での優勝決定に酔いしれる巨人と、初のホームラン王のタイ トルを取った中日の大豊、前人未踏の200本安打を達成したイチローの野球三題ネタ カクテル。ベースとなったのはもちろん「巨人、大鵬、卵焼き」。
「大江さん、国民栄誉賞もダメですか。」
1994年(平成6年)10月24日(月)朝刊 AERA 10.31 No.44広告
 10/13にスウェーデンアカデミーが、大江さんがノーベル文学賞を受賞する、と発 表した。調子にのった文部省が急いで文化勲章の授与を諮問したが、大江さんは辞退 してしまった。大江さんによると、14日午後3時に文化庁から「文化勲章を受けても らえないか」と電話があったが断ったという。しかし、「文化勲章を受けてもらえな いか」と懇願調で頼んでまで受けてほしかったのかね?文化勲章がダメなら国民栄誉 賞はどうか?というのが上記の惹句。しかし、国民栄誉賞は、スポーツで活躍した人 間と、死んだ芸能人しかもらえないのではないのか。
「改札口で押さないで、撃たないで。」
1994年(平成6年)10月31日(月)朝刊 AERA 11.7 No.45広告
 10/25京浜急行青物横丁駅の改札口付近で、都立台東病院泌尿器科医長の岡崎武次 郎さんが、背後からいきなり拳銃で撃たれ死亡。犯人は野本正巳。同病院でヘルニア の手術を受けたが、その後の体調が思わしくないのを逆恨みしての犯行と思われる。 犯行後、野本は逃走を続ける。警察は、おそらくは精神に異常があると思われる容疑 者の人権に配慮して名を伏せて捜査していたが、他の病院幹部への犯行をほのめかし たこともあり、ついに27日公開捜査に踏み切った。10/28早朝には、NHKや、フジテレ ビなど都内のテレビ局を訪れ、殺害を認める手紙を置いていき、その数時間後、フジ テレビのワイドショーに電話をかけ「撃ったのは俺なんですけど、ちゃんと報道して もらいたい。生島さんに会いたい」などと話し、それが放送で流れたという。テレ朝 には「午後一時に出頭する。その前に台東病院幹部を短銃でやる」と電話をかけた。 手術後の体調の悪さというのも荒唐無稽で、「体中に異物を入れられた」だの「生体 実験をされた」だの全くの事実無根。こんな狂人にあたら命を奪われるとは全くやっ てられない。結局、28日の夕方、浦和市内で逮捕された。今は何をしているのやら。
「お父さんは、朝まで生パソコン。」
1994年(平成6年)11月7日(月)朝刊 AERA 11.14 No.46広告
 アエラ見出しに「つくば市汚職で垣間見えた不毛な納入合戦の果て:学校パソコン  ほこりまみれ」とある。この頃はまだ、「朝まで生テレビ」がまだ燃えていた時代 だったのだろう。それにおやじのパソコンをひっかけたらしい。それにしてもこの惹 句の中途半端さといったら一体なんだろうか。歴代アエラ惹句の中途半端部門の上位 に入る作品ではないだろうか。
「ロンとヤス、引退する人 しない人。」
1994年(平成6年)11月13日(日)朝刊 AERA 11.21 No.48広告
 アエラ見出しに「レーガンの勇気。そして明日は我が身の高齢化社会:アルツハイ マーを告白できますか」とある。この頃、レーガンのアルツハイマー告白が話題にな っていたらしい。中曽根さんはあいかわらず現役バリバリで蠢いているので、上記の 惹句ができたわけだ。
「私はコレで人間やめました。」
1994年(平成6年)11月21日(月)朝刊 AERA 11.28 No.49広告
 アエラ見出しに「学生がバイトで買える「普通のクスリ」:日本は麻薬解禁国か」 とある。覚醒剤撲滅キャンペーンの惹句「覚醒剤やめますか、それとも人間やめます か」と昔流行った禁煙パイポのCMのコピー「私はコレ(小指)で会社をやめました 」とエイヤッと混ぜると上記のアエラ惹句ができあがる。しかし、パイポのCMのコ ピーを1994年に持ち出すとは相当の時代感覚ではある。
「ダイエーは、球界の買い占め王です。」
1994年(平成6年)11月28日(月)朝刊 AERA 12.5 No.50広告
 プロ野球は、FAの嵐が吹き荒れた。秋山はすでに西武からダイエーに移籍してい たが、この年つづいて石毛、工藤がやはり西武からダイエーに移籍。それで、往年の CMコピー「ナボナはお菓子のホームラン王です」をベースにつくったのが上記の惹 句。しかし、前号のパイポといい今号のナボナといい、引用物が懐かしすぎるぞ。
「ヒラ社員がハマるG資金、H資金。」
1994年(平成6年)12月5日(月)朝刊 AERA 12.12 No.51広告
 アエラ見出しに「M資金:大企業トップが続々ひっかかっている:実録これが「ハ イテク騙し」」とあるので、G資金もH資金もM資金のシャレだということは分かる のだが、GとHが何を指すのかが分からない。アエラ見出しに、「日欧競馬摩擦の焦 点は「実力差」」とあるから、GはG1レースとかいうから競馬の事を指しているの かとも思うが確信はない。Hに至ってはさっぱり分からない。どなたか教えて下さい。
「ハタ坊をイジメないでね、一郎クン。」
1994年(平成6年)12月11日(日)朝刊 AERA 12.19 No.52広告
アエラ見出しに「「小沢-羽田」ついに破局の舞台裏」とある。また、このころいじ めによる自殺が相次ぐ。大河内清輝がいじめを苦に遺書を残し自殺したのが11月の末 。12月初頭に遺書が公開され話題をよんだ。しかし、総額100万円を脅しとった行為 をさして「いじめ」と呼ぶほうがどうかしてないか?りっぱな恐喝だろうが。それは さておき、世間で話題の「いじめ」と「小沢-羽田の破綻」から上記の惹句ができた次第。
「いじめなんてサイナラ、サイナラ。」
1994年(平成6年)12月19日(月)朝刊 AERA 12.26 No.53広告
 表紙の写真が淀川長治さんなので、惹句が「サイナラ、サイナラ」と来た次第。相 変わらず、イジメによる自殺が続く。この日の朝日新聞には栃木の小学4年生が、「 この人生いやになった」と自殺したという記事が出ている。
「同情するなら、爆弾送るな。」
1994年(平成6年)12月26日(月)朝刊 AERA 1.2・1.9 No.1広告
 アエラ見出しに「安達祐実を狙った封筒爆弾の恐怖」とある。12月20日に日本テレ ビで安達祐実宛の郵便物が爆発し、スタッフ二人が重軽傷をおった。確か、この事件 はオウムの犯行だったはずだが?ちょっと調べてみたが、1995年の5/17日の朝日新聞 夕刊に「都知事あて小包小包爆発:日テレ爆弾と酷似」とあって、都知事あて爆弾はオウ ムだったから、きっと安達爆弾もオウムだったのだろうとは思われるが、オウム関係 者が安達爆弾で捕まった、という報道を見つけることができなかった。そのまま迷宮 に入ったのだろうか。この事件のその後についてご存じの方は教えてください。ちな みに、上記の惹句はもちろん「家なき子」のセリフ「同情するなら金をくれ」にかけ てあるのだが、このネタは1994年(平成6年)6月12日(日)朝刊のAERA 6.20 No.25 広告で「職なき子、同情するなら内定おくれ。」既に使われている。ネタがかぶるこ とを全く恐れる様子がないところは、さすがアエラ惹句である。

I.R. & R.P.(a) Mail: s-muraka@mail.t3.rim.or.jp


Back to Aera Phrase Contents