産業ロック推薦図書



人肉事件を論ず : 附管蠡鈔

人肉事件を論ず : 附管蠡鈔
花井卓藏述
東京:春秋社, 1931.1
23cm. (訟庭論草)

 行きがかり上、臀肉事件に深入りしてしまったが、毒を喰らわば皿までとばかりに、この事件に関してよく参照される本をいっそのこと全文載せてみよう、というのが今回の試みである。

 著者花井卓藏は、当時の著名な弁護士で、国会議員もつとめて最初の普通選挙法案を衆議院に提出したという人物。「訟庭論草」とは、彼の著作全集の名称。野口男三郎の弁護士として力を奮い、臀肉事件については無罪を勝ち取っている。この裁判についての記録がこの本の内容である。最近、「花井卓蔵の法廷史録」という「訟庭論草」の復刻版が大空社から出版されたようだが、専門書ということもあり入手はやはりちょっと面倒くさい。というわけで、テキストの全文掲載をしてみようと思い立ったのである。

 とはいえ、全部で600ページを越えようという大著であるので、一気に転記という事もできるわけもない。ま、のんびりぼちぼちやるさ、ということで今回は目次部分のみの掲載である。

「人肉事件を論ず : 附管蠡鈔」目次


 本来ならば最初、凡例として仮名遣いやJISコードにない漢字の転記の約束などを書いておかなければならないが、実際転記作業をしてみないと分からないことも多いと思われるので、これらについてもおいおい整備していくことにする。読者におかれても、気長におつき合いいただければ、当方としてはもっけの幸いである。 (※この「人肉事件を論ず : 附管蠡鈔」については「推薦図書」コーナーから切り放して独立させることにした。詳しくはこちらを)

目次へ戻る

Industrial Rock & Roll Productions 2001
s-muraka@t3.rim.or.jp