消費者金融専業界の動向と実態

日本消費者金融協会編.
「消費者金融専業界の動向と実態:日本消費者金融協会広報基礎資料」.
大阪:日本消費者金融協会, 1995.

寸評
まず、クイズを一つ。左の自動契約機の名称と右の金融機関の名称を正しく結びつけよ。

ア   コ   ム・    ・ロボタッチ
プ  ロ  ミ  ス・    ・ひとりででき太
ア  イ  フ  ル・    ・ラクーン
ア   ー   ス・    ・ロボタッチ
三  洋  信  販・    ・おおくら大臣
ハッピークレジット・    ・むじんくん
武   富   士・    ・いらっしゃいましーん
コーエークレジット・    ・お自動さん
レ   イ   ク・    ・ザ・ガードマン
ク レ デ ィ ア・    ・ポケットバンク
ナショナルクレジット・    ・無人契約機¥むすび
どうです?できましたか。「おおくら大臣」「ラクーン」など、耳慣れないものもあるので、これはちょっと解らないとは思うが、「むじんくん」「いらっしゃましーん」などは聞いたことがあるはずだ。とくに深夜テレビの愛好者ともなれば、「むじんくん」ととにかく叫びまくるおばはんの登場する暑苦しいCMや、機械の中に埋め込まれたマイケル富岡君の顔が「いらっしゃいまし〜ん」と朗々と歌うCMを死ぬほど見ているに違いない。なにしろ深夜12時を過ぎれば、その手のサラ金CMを見ずにテレビを見ることはほぼ不可能なのだから。たとえ深夜テレビ漬けでサラ金CMで洗脳されていないとしても、一回でも見たり聞いたりすれば、「お自動さん」だの「無人契約機¥むすび」だの「ひとりででき太」だの、なんだかたった一人のコピーライターが全部書いたかと思われるほど統制のとれたなんとも言えぬ名前は忘れようとしても忘れられないだろう。

しかし、機械の名前があまりに強烈であるために、その機械がどのサラ金においてあるかなどという些末なことは記憶に残らないのではないか。少なくとも私はそうだった。「いらっしゃいましーん ひとりで契約 ひとりでカード 操作はカンタン 押してぴっぴっぴっのぴっ」というマイケルくんの歌はメロディもほぼ完璧に歌える私なのだが、悲しいかな「いらっしゃいましーん」が武富士にあるのか、レイクにあるのか、はたまた大和証券のター坊の横に置いてあるのか野村証券のひまわりの隣にあるのか、さっぱりわからないのだ。こんなことではいけない。いい大人が無人契約機の名前とそれが置いてある店が一致しないでどうするんなら。しかし幸いにも、そんな悩みをすっかり解消してくれる文献を見付けることができた。それが「消費者金融専業界の動向と実態」なのだった。

この文献のP.27に解答が載っている。早速紹介しよう。

<表12> 自動契約受付機稼働状況

社   名名   称平成7年9月末稼働台数
ア    コ   ムむじんくん206台
プ  ロ  ミ  スいらっしゃいましーん98台
ア  イ  フ  ルお自動さん62台
ア   ー   スザ・カードマン9台
三  洋  信  販ポケットバンク26台
ハッピークレジットロボタッチ(2台 95/12導入予定)
武   富   士無人契約機¥むすび(92台 11/末現在)
コーエークレジットロボタッチ(4台 11/末現在)
レ   イ   クひとりででき太試験導入中
ク レ デ ィ アラクーン(5台 11/1現在)
ナショナルクレジットおおくら大臣(4台 10/23現在)

データが平成7年9月末現在だから、ちょっと古いデータなのだが、ハデに宣伝をうっているだけのことはあって「むじんくん」と「いらっしゃいましーん」は普及数が高い。不思議なのは、「ハッピークレジット」と「コーエークレジット」の自動契約機の名称が共に「ロボタッチ」であるところだ。この二者は業務提携でもしていて、同じ機械を使うことにしたのだろうか。謎だ。しかし、ナショナルクレジットの「おおくら大臣」っちゅうのは、これでいいのか。大蔵省とサラ金業界の癒着が話題になっている昨今だというのに。この伝でいくと、郵便局のキャッシュ・ディスペンサーはさしずめ「ゆうせい大臣」だろうな。となると、薬局の前のコンドームの自動販売機が「こーせー大臣」というところか。

ともかく、みなさんも「いらっしゃいましーん」といえば「プロミス」、「ひとりででき太」といえば「レイク」と間髪入れずに答えられるようにこの表を頭にたたき込んでいただきたい。それがこの世知辛い世の中を渡っていく紳士のたしなみというものだ。さらにステップアップを望むなら「ナショナルクレジットはおおくら大臣!!」とすぐ口をついてでるぐらいにすることだ。そこまでいけばかなりの自動契約機通と言えるだろう。健闘を祈る!




目次へ戻る

Industrial Rock & Roll Productions 1996
s-muraka@t3.rim.or.jp