『人肉事件を論ず』全体構成表



標題紙 1p.   (2001年8月1日掲載)

----------------前文(人肉事件を論ず)-------------------
口絵(三好退藏の書) 1p.
序文(穗積陳重) 1-7p.   (2001年8月1日掲載)
奠野口貫卿墓(手島知徳) 8p.   (2001年8月1日掲載)
序(恕軒學人 信夫) 1-3p.   (2001年8月1日掲載)
病中作(手島知徳) 4p.   (2001年8月1日掲載)
自序(花井卓藏) 1-2p.   (2001年8月1日掲載)
はしがき(花井卓藏) 1-5p.
墨堤花後(江木冷灰) 6p.
再刊小引(花井卓藏) 1-4p.

目次 1-15p.   (2001年4月17日掲載)

-----------------本文(人肉事件を論ず)-----------------
著者写真(明治三十七八年頃) 1p.
表紙 1p.
緒論 1-44p.
  1. 疑獄 (p.1-2)
  2. 戀愛狂にあらざる乎 (p.2-12)
  3. 情供推測は危險也 (p.12-26)
各論上 45-90p.
各論下 91-150p.
結論 151-186p.
餘論 187-191p.
清水檢事の論告(速記) 191-244p.
第一審判決書 245-264p.
第二審判決書 265-286p.
野口男三郎書翰(写真) 1-2p.
訟庭日記 287-292p.
訟庭傍聽記 293-448p.
刑法(明治十三年七月布告第三十六號) 449-451p.
刑事訴訟法(明治二十三年十月法律第九十六號) 451-454p.

------------------本文(管蠡鈔)------------------
管蠡鈔表紙 1p. 管蠡鈔 455-466p.
辯護士花井卓藏君に與ふ(魔佛一如) 467-476p.
花井君の近業を讀む(チイ、ヱム生) 476-479p.
岡田朝太郎評 479-480p.

------------------前文(獄中の告白)------------------
獄中の告白表紙 1p.
獄中の告白序文(小河滋次郎) 1-9p.   (2001年5月23日掲載)
獄中の告白序文(花井卓藏) 1-5p.   (2001年5月23日掲載)
本書の發刊に就て(澤田撫松) 1-4p.   (2001年5月23日掲載)
凡例(澤田撫松) 1-3p.   (2001年5月23日掲載)
目次 1-13p.   (2001年6月25日掲載)
男三郎の原稿(グラビアページの画像) 1p.   (2001年6月25日掲載)
------------------本文(獄中の告白)------------------
獄中の告白(野口男三郎) 1-135p.
1 疏明致しませう 1-4p.   (2001年6月25日掲載)
2 婦女と幼者の歡心 4-6p.   (2001年6月25日掲載)
3 嗚呼社會は 6-7p.   (2001年6月25日掲載)
4 又木家に累を及ぼすべき 7-9p.   (2001年6月25日掲載)
5 策を案じ野口家に入りたらんには 9-10p.
6 寧齋及母堂に説き 10-11p.
7 寧齋は獨り自ら狎れず 11-12p.
8 夢にも知らす 12-14p.
9 恩を施し 14-16p.
10 河合事件 16-21p.
11 免状事件 21-25p.
12 三輪家の事 25-26p.
13 妹婿 26-27p.
14 此機を利用して 27-30p.
15 結婚届 31-34p.
16 不平と憂悶 34-37p.
17 彼女等の身が案じられ 37-39p.
18 伊澤方に於て 39-41p.
19 愛情 41-43p.
20 其の策悉く畫餅に歸し 43-46p.
21 一句として精確ならす 46-49p.
22 都築事件 50p.
23 再び河合事件について 51-52p.
24 五月三日 52-56p.
25 彼女の幸福を庶幾ふ 56-61p.
26 親しみて狎れず 61-64p.
27 熟慮の末 65-67p.
28 歌代なる人 67-71p.
29 噫彼の夜 71-75p.
30 靈柩を拜するを得ず 75-79p.5
31 通譯官 79-81p.
32 再ひ都築事件に就て 81-82p.
33 番町宅へ忍入 82-85p.
34 ストリキニーネと短刀 85-88p.
35 和田證人の陳述 89-91p.
36 十二月二十六日前後の光景 91-93p.
37 不品行は敢て爲さず 94-97p.
38 孤介煢々 97-99p.
41 少年時代 102-104p.
42 野口家に提燈を預く 105-107p.
43 知人親戚を欺く 107-110p.
44 恩を受けし婦人に對する所感 111-112p.
45 私の缺點及惡行爲 113-118p.
46 宮原方に寄留す 118-119p.
47 警視廳に於ける聽取書に就て 119-126p.
48 歌代なる人を知りし顛末 126-131
49 再び歌代なる人に就て 131-135p.
蘆花全集より 136-139p.

------------------あとがきなど------------------
グラビアページ 1-2p.
あとがき(登張竹風) 1-8p.
あとがき(高楠順次郎) 1p.
PREFACE (J. Takakusu) 1p.
奥付 1p.
広告 1p.

「『人肉事件を論ず』全文紹介」表紙ページへ戻る

Industrial Rock & Roll Productions 2001
s-muraka@mail.t3.rim.or.jp