自序

辯護士之於訟獄。猶醫師之於疾病耶。有病微而殺人者。有勢重而易治者。精診明察。起死骨肉。謂之良醫矣。余從事法廷之識。有年于茲。其間雪寃救死。不可勝數。而如武林男三郎。實爲空前絶後之疑獄。事項複雜。罪條多端。猶傷寒壞症耶。然一受其依囑。則不得不爲之辯護。公判連日。拮据經營。纔能得収一審之判決。頃日辯護士井關源八郎君來。請編其辯論速記。以流傳于世。余拒而不許。君在傍。慫慂余曰。此千古疑獄。一則以供法廷研究。一則以戒青年子女。子拒之狹矣。於是。考訂一二。以上梓。古良醫之言曰。囘罷〓於一診。救横夭於半七。辯護之士。書諸紳可也。

 明治丙午九月初四 東都錦街稚翠書屋病窓之下

花井卓藏識  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


訟庭に辯論を爲すものは、正義の泉より湧き出つる清き流れを掬むの心なかるべからず。
訟庭の辯論は、百川の海に朝宗するが如く統制せられざるべからず。 渾然一體は、訟庭の要訣なり。


『人肉事件を論ず』全体構成ページへ戻る

Industrial Rock & Roll Productions 2001
s-muraka@mail.t3.rim.or.jp